方言とかカルチャーギャップねたとかも好きなので、あれこれ買って読んでます。個人的に、方言・地方ねたと外国語・海外文化ねたの間にあまり境界がありません。


『台湾から嫁にきまして。』



台湾から嫁にきまして。 (中経出版)台湾から嫁にきまして。 (中経出版) [Kindle版]
著者:接接
出版:中経出版
(2013-06-06)


台湾人の「接接」(ジェジェ)さんによるイラストエッセー。最初台湾で出版されたため、「台湾の人に日本の生活を紹介する」側面が強いですが、もちろん日本視点からも楽しめました。

後に旦那さんとなる男性と出会った時の理想的な姿と、日本で再会した時のギャップ…から始まる愚痴話と思いきや、実にしっかりノロケています。ゲームオタクで、吝嗇家で、女性に全然気を遣わない、と描かれる旦那さん(「大王」)ですが、「日本語学校の学費は文句も言わず全額出してくれた」「誤ってPSPを踏んで割ってしまった時は怒らなかった」等々のエピソードに愛し愛される様を感じます。もげていい。

ちょっとつらそうな話も、絵柄がほんわかしているので、嫌味にならないんですね。

個人的にウケた食文化に関するお話から、2コマほど紹介しますと、こんな感じ。

200 B00D3Y2TVS_2
(※Kindle Fire HDでスクリーンショットを撮っているので、上下に黒い領域が入ってしまいます。ごめんなさい)

鶏の足や首を平気で食べる台湾人と、魚の活造りを喜んで食べる日本人のツッコミ合い。こういうの大好きです。

こちらの接接さんのブログでも、ほのぼの絵柄が楽しめます。
- 接接在日本 (繁体字中国語)


『中華系ハニー 妄想!すぴりちゅある!中華嫁国際結婚マンガ』



中華系ハニー 妄想!すぴりちゅある!中華嫁国際結婚マンガ中華系ハニー 妄想!すぴりちゅある!中華嫁国際結婚マンガ [Kindle版]
著者:みんく・いるか/奈良崎 仁志
出版:かなえる文庫
(2013-05-31)


「電波系不思議キャラ」の中華嫁と
「暗黒系妄想おたく」の日本人旦那
出逢ったらイタすぎる二人が出逢って結婚してしまった!

という触れ込みで描かれる四コマ漫画作品です。2005年からブログや携帯漫画で掲載していた作品のKindle化だそうです。ブログの過去ログを追い掛けて行けば一通り読めますが、多分Kindle版を買った方が楽です。

絵柄は表紙の通りで、なぜかタラコ夫婦。後の方で登場する一族も皆タラコ。
魚卵つながりではないですが、私が感心したのは「イクラショー」の話。
ブログ版のこちらです→ こんなことは日常茶飯事です。 - M・いるかの北千住「みずはの整体喫茶」 - Yahoo!ブログ

 イクラ → クジラ → シャチ

これを復元できるのは、やはり愛の力ですね。もげろ。

ダーリンは外国人』で、外国人の旦那さんが「踏切」を思い出すのに苦労していた場面を思い出しました。


ところで、本書のタイトルに含まれる「すぴりちゅある」の文字列でピン! と来る人もいるかも知れませんが(いないか)、こちらの作品の著者さんでもあります。

- あしたのジョーに学ぶ天職探しのためのヒント集『天職・適職・凡職・愚職』 [つんどく速報]

本書(『中華系ハニー』)収録の『族・中華系ハニー』にて、その「スピリチュアルな体験」についても描かれています。あわせて読みたい?


『ほんこーんの百合的日本留学記』



ほんこーんの百合的日本留学記ほんこーんの百合的日本留学記 [Kindle版]
著者:ほんこーん
編集:安斎昌幸
出版:クンストラボトウキョウ
(2013-06-06)


こちらは2010年に出版された同人誌のKindle化になります。作者は、日本の漫画・アニメが好きで、ニコニコデビューからついには日本留学を果たしたほんこーんさん。

(参考) ほんこーんとは (ホンコーンとは) [単語記事] [ニコニコ大百科]

そんな彼女の、日本生活が始まった当初の新鮮な驚きと戸惑いが描かれています。

B00D94K99G_quote入浴一つにもこの戸惑い!
初々しい!


本編13ページ + おまけ四コマ 3ページ + あとがき1ページという構成です。

Kindle本の編集・出版を手掛けているのがNHK『MAG・ネット』等を手掛けた安斎昌幸さんというのも、注目ポイントな気がします。


以上、最近買って読んだ、外国人の日本人生活漫画3点でした。