AmazonのKindle本ランキングでここ2週間ほどベストセラー上位に目立っていた海賊本(と言い切っちゃっていいよね)『フェルメール全画集 (古典絵画)』の削除が観測されました。

B00DAHF8VQ

- http://www.amazon.co.jp/フェルメール全画集 (古典絵画)-ebook/dp/B00DAHF8VQ (既に死んでいる商品ページへのリンク)

明らかにWikipediaの利用規約に反してましたしね。

今ならまだ当該商品のASIN\コード「B00DAHF8VQ」等を手掛かりにして、Googleキャッシュから在りし日の姿を眺めることができます。

B00DAHF8VQ_cache
(PC版のGoogle検索結果で、URL右の小さな「▼」をクリックすると、キャッシュ表示のリンクが出現します)


カスタマーレビューも、Wikipediaコピペを難じる低評価のものが支持を集めていました。

B00DAHF8VQ_reviews

いつものあのお方の勇姿もあります。

こうした指摘に対して出版者側は、更新された内容紹介で開き直りとも取れる解説文を加えていました。

(アートクラシックスについて)

 アートクラシックスは、広く世界の古典絵画を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。

1、見やすいレイアウト
 適切な改ページで区切って、Kindleはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットでの鑑賞に最適化しました。また、絵画の一つ一つに索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。

2、解りやすく詳しい解説
 解りやすく詳しい事で評判の高いWikipediaの解説を中心に転載しました。作者や一つ一つの絵画について詳しく広範な知識を得る事ができます。
 
3、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。画集と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。

4、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。

5、手に入れやすい価格
 アートクラシックスは、KDPの規約による制限(ファイルサイズにより最低価格が決まっている)内での最低価格でお届けします。3MBまでは100円、3MB以上10MBまでが200円、10MB以上になると300円となっています。
(※太字装飾は当方にて追加)

いや、それだけ書いたところで、ライセンスに反してますから。

- Wikipedia:著作権
他人により作成されたウィキペディアの記事等を、あなた自身の本、新聞や雑誌の記事、ウェブサイトその他の著作物 (ここでは、以下「当該二次的著作物」と呼びます) で利用することは可能です。この場合、あなたは、GFDLによる義務を負います。
関係する記事等の「変更履歴」をコピーし、かつ、同様の形式であなた自身の改訂のデータを追加した「履歴 (History)」を作成しなければなりません
GFDLのコピーをそのまま当該二次的著作物に含めてください
画像、音声、動画といったアップロードされたファイルのライセンスの扱いは文章と異なります


ゴッホもあるよ!


アートクラシックスを名乗るこの出版者によるKindle本は、フェルメール画集だけではありません。


ゴッホ絵画集 (近代絵画)ゴッホ絵画集 (近代絵画) [Kindle版]
著者:ヴィンセント ヴァン ゴッホ
出版:アートクラシックス
(2013-06-16)


こちらは、6月21日9時半現在、まだ残っています。やっていることは同じです。堂々の300円。
[6/21 14:30 追記] 削除を確認しました。


削除は通報ベースなんですかね。
私はヲチャーなので通報してませんよ。


[6/27 0:30 追記] 復活を確認しました。
一度削除された商品が同じASINコードで復活しているということは、削除も復活もAmazon側で行ったものでしょうか。どんなやり取りがあってこちらだけ復活したのか、興味のあるところです。