最近はタイトルの後ろに「[文庫]」とか「[Kindle本]」とか付くようになったので、それほど苦にならなくなりましたが、一応今でもこの方法が自分的には一番楽なので。

ライブドアブログの記事作成画面に、Amazon商品挿入ボタンがあります。

cmsamazon

続いて商品の検索と指定を行うんですが、Amazonの商品検索って、Googleより使いにくいんですよね。短すぎたり長すぎるタイトルだと検索に引っ掛からなかったり…。
(※Amazonのサイトでやっても基本的に同じなので、ここの検索が不自由なのはライブドアの都合によるものではなく、Amazon側の品質向上が望まれる性質のものです)

さらには、ハードカバーか文庫かKindle本かわからなかったり。
(※これは今は検索対象カテゴリーに「Kindleストア」が加わったり、タイトルに「[Kindle本]」とか付くようになったおかげでほぼ解決してます)


実はAmazonの商品検索はASINコードでも行えるので、それを直接渡すのが一番お手軽確実です。

asin-kindle

こんな感じ。

asin-paper

紙版もこの通り。

Google検索やAmazonの関連商品表示等から商品ページに辿り着いて、ASINコードが判明しているケースに限定されますが、わざわざ貼りたいと思う物って、そうやって先に内容を確認してますよね。

というわけで、ASINコードの活用、個人的におすすめです。





hentai

何 で す か こ れ は。